会長挨拶

吉田 謙一郎会長の写真

第9代獨協医学会会長
(学校法人獨協学園 理事長/獨協医科大学学長)

吉田 謙一郎

獨協医学会会員の皆様には平素より本学会の運営に多大なるご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

獨協医科大学は1973(昭和48)年4月に開学され、令和5年には創立50周年を迎えます。獨協医学会は開学と同時に本学学長を会長として創立されました。本会の発展にご尽力くださいました初代会長の故 石橋長英先生をはじめ、故 磯田仙三郎先生、故 清水文彦先生、故 吉村正治先生、故 原田 尚先生、大森健一先生、寺野 彰先生、稲葉憲之先生に対し衷心より感謝するとともに、第9代獨協医学会会長として本会の円滑な運営を図り、これまでの歴史と伝統を大切にしつつ、今後さらなる学術的業績の向上と発展を遂げることを目標に邁進する所存であります。

本会は、医学・医療の進歩を図ることを目的として創立されており、主な活動内容は毎年12月に開催される獨協医学会学術集会および機関紙である『Dokkyo Journal of Medical Science』の発刊であります。今年で48回目の開催となる獨協医学会学術集会での一般演題発表は、学内における研究発表の場として毎年行われており、学内の教員・医師の方々、医療従事者、病院関係者、学生諸君はもとより学外の会員の皆様にとっても大変有益なものであると認識しております。本会学術集会の『特別講演』では著名な講師の先生をお迎えして講演会を開催することにより、学内外の医学・医療の進歩、そして本学における研究活動の活性化に大きく寄与しております。また本会機関誌は1974(昭和49)年10月に第1巻・第1号が英文誌として発刊されて以来、今日に至るまで途切れることなく発刊されてきております。皆様には今後とも積極的な学会へのご参加、学術論文の投稿にご協力いただけますよう、切にお願い申し上げ、会長挨拶といたします。

運営委員長挨拶

獨協医学会運営委員長

矢澤 卓也

獨協医学会会員の皆様には本学会の運営に多大なるご理解とご協力を賜り、深く感謝申し上げます。このたび獨協医学会では私設ホームページを立ち上げることになりました。獨協医学会はこれまでの紙ベースでの運営からインターネットを駆使した運営に変化いたします。ここではその経緯について少々ご説明させていただきます。

本年はCOVID-19の世界的流行とともに始まり、我が国においてもこれまでの行動様式を大きく変える必要が生じ、毎年開催している獨協医学会学術集会もこれまでの形式では行えない状況となっております。このような困難な状況の中、学会活動のアクティビティをできるだけ低下させないようにすべく、本年度の獨協医学会はウェブ開催とすることを決定いたしました(特別講演は次年度に延期とさせていただきました)。また現在のCOVID-19の蔓延状況を考えると、我々は今後も人との接触を回避しながら情報交換できるツールとして、インターネットを利用した新しい生活スタイルに慣れていく必要に迫られることになるでしょう。このような状況の中、運営委員会としてはピンチをチャンスとして捉え、ホームページを立ち上げることにより、インターネットを通じて会員の皆様とスピード感を持った情報交換を行っていくべきではないかと考えるに至ったわけであります。

ホームページ立ち上げに際し、取り急ぎ必要な情報を掲載いたしましたが、まだまだ不十分な箇所や、学内学外の会員の皆様のご要望もあろうかと思います。ぜひともご意見を学会事務局までお寄せいただければと思います。

獨協医学会の発展のため、今後とも温かいご指導を賜りますれば幸甚に存じます。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

雑誌編集委員長挨拶

獨協医学会副運営委員長

石光 俊彦

獨協医学会の機関紙は、獨協医科大学が開学された翌年、1974年に英文誌Dokkyo Journal of Medical Sciencesとして創刊されました。その後、1985年には和文誌として獨協医学会雑誌(Dokkyo Igakukai Zasshi)が併行して出版されるようになりました。そして、1999年からは両者が合併した形で獨協医学会雑誌(Dokkyo Journal of Medical Sciences)として発刊されるようになって現在に至っており、2020年には第47巻(Vol. 47)が刊行されています。すなわち、本誌は獨協医科大学の歴史とともに歩んできた雑誌であり、獨協医学会の会員である獨協医科大学および本学に関係する各位に学術情報を提供するメディアとして中心的な役割を担ってきました。

今後も本誌が獨協医学会の機関紙としての機能を果たすとともに、さらに対外的にもその学術的な価値を高めていくためには、まずPubMedやMedlineなどの汎用される医学論文検索サイトに収載され国際的に本誌の情報がdistributeされること、そして最終的にはImpact Factor(IF)を得て国際的な評価を確立することが論文の投稿や引用を増加させるための目標になります。近年、これに向けて倫理,COIなど投稿規定の改訂や図書館のホームページにおける論文PDFの公開などアクションを行っていますが、まだPubMedの収載にはほど遠く、さらに幾つかの問題をクリアして行かなければ土俵に上がることができない状況です。まず、学術雑誌には速報性が望まれますので、その実現には投稿される原稿のやりとりを紙ベース中心ではなくオンライン化していくことが必須です。加えて、Editorial Boardの改編や外部査読者のリクルート、そして査読・評価のプロセス・システムそのものを変更しなければいけません。加えて、やはり国際的な評価を受けるためには、再度、以前のように英文誌と和文誌に分けて発刊することが必要であると思われます。

このようなハードルを越えることは決して容易なことではなく、現在、全国の医学部の雑誌でIFを得ているのは5誌に過ぎません。従って、この学術的なレベルを達成することは、ある意味、英語の論文数や科研費の獲得額で10位以内に入ることなどと同様、あるいはそれ以上に困難なことであるかもしれません。今後は、この目標に向けて努力を重ねて行くことになりますが、そのためには、要する資金源の調達とともに、執行部の強力なご指導、そして本学ならびに獨協医学会の会員の皆様のさらなるご助力・ご支援が必須と存じますので、何卒よろしくお願い申し上げます。Dokkyo Journal of Medical Sciencesが、本学の多くの優れた学術情報を国際的に発信する雑誌に発展することを祈念します。